弁護士に依頼する意味


保険会社には慰謝料の算定基準があります。独自の計算で作り上げているわけですが、これでは納得のいくものにならないことのほうが多いでしょう。最初から下げてあるのですから当然です。弁護士に依頼して交渉を進めていくというのは、保険会社の算定基準を使わせないという意味もあります。

弁護士弁護士は、裁判の判例から作られている算定基準を使って交渉するのがポイントです。保険会社側も知っていますが、素人だからといって安い基準を突き付けて、そこから交渉をスタートさせるといったことが弁護士には通用しません。弁護士の算定基準は、保険会社よりはるかに高くなります。実際に裁判になれば、そこまでの金額が認められるようになるのです。

その差はかなり大きなものになってくるのですから、交渉のレベルがまったく別になると考えることができます。弁護士は裁判の判例を使って交渉を進めていくことになるのですから、保険会社が自社利益を考えて作った算定基準は通用しないのです。弁護士に依頼するだけでもこうした効果を発揮することになるのですから、それだけでも大きな効果になってくるでしょう。保険会社の自由にさせるよりも、はるかに被害者の希望に添った形で増額できるのです。

算定基準の問題


算定基準慰謝料は、精神的な被害に対して支払われるものです。交通事故の被害に遭うと、肉体的なケガを負うことが多くなりますが、精神的にもつらい思いをすることになるでしょう。非常に大きな被害となってきますが、計算しにくい側面を持っているのも確かです。物損の部分は、評価額を出しやすいのは確かです。壊れたものを時価でも評価すれば出てしまいます。ところが、人間の精神的な苦痛は、金額にしにくいでしょう。そのため、不公平にならないため、一定の基準の元で保険会社は表を作っています。これが算定基準です。

保険会社の算定基準は、自分たちの理想で作られています。営利企業である保険会社は、保証をするのが仕事ですが、赤字にするわけにはいきません。そこで、慰謝料は基準がはっきりしないことから、できるだけ抑えた金額で作られています。納得できないこともあるのは、当然のことなのです。弁護士を入れて交渉するというのは、こうした算定基準を使わせないように増額を狙っていくというところにもなるでしょう。何もせずにそのままにしてしまえば、必ず低い金額のまま交渉をしていくことになってしまいます。ベースが低い状態のままでは、いくら交渉しても効果を上げにくいため、弁護士を入れる方が効率的になるのです。

参考リンク→→http://www.ko2jiko.com
交通事故被害者向けの法律事務所「アディーレ」のサイトです。

交通事故の慰謝料


慰謝料日本の社会で生活をしていると、交通事故のリスクはなくならないことはわかるでしょう。常に車を見かける生活をしているのですから、いつどこで交通事故の被害に遭うかはわかりません。交通事故の被害のリスクはだれにでもあるといえるでしょう。被害の額というところでは、いろいろとありますが、怪我をするという事実には変わりがないでしょう。治るならまだしも、生涯として残ってしまうようなことも出てきてしまいます。非常に不幸な結果となってくるわけですが、死亡してしまうケースも考えられるのです。それだけ交通事故のインパクトは大きく、被害を出してしまうことになるでしょう。

どのような怪我になったとしても、損害が発生していることには違いがありません。この損害をしっかり賠償してもらうことは当然のことでしょう。さらに、精神的にも被害を受けることになるのですから、慰謝料というかたちで償ってもらう必要が出てきます。

ですが、納得がいく慰謝料を支払ってもらえるとは限りません。それどころか、全く納得がいかないケースもあるでしょう。そういったケースが大半になってしまうのには、いろいろな理由が存在しています。特に弁護士を入れずに自分で交渉していると、どうしても思ったよりも低いということになってしまいがちです。理由を考えていくと見えてきますが、しっかりとした交渉をするためにも、参考にしながら弁護士に依頼して対策としてみてはいかがでしょうか。